.pwドメインはインデックスされない? 取ってはいけない?

まえの投稿 で少し触れたのですが、「.pwドメイン」を Google や Yahoo! Japan で検索すると「インデックスされない」「取ってはいけないドメイン」というものが上位にヒットします。

そういった記事を開いてまず思ったのが

「なんか似たようなサイトばかりだなぁ」

ということです。これは決して同じ業者がステマをかましてるといった意味ではありません。別々の方々が書いているというのは読めばわかります。「十数サイトアップしたけど全然ひっかからない」「数日経っても反映されない」「インデックスされないという」などなど。

一方、 pwドメインは本当にダメダメなのか・・・? : センチュリー・大橋 モバイラーズ・ライフ というサイトがあり、ここに書かれている内容が現在の状況に近いと考えられます。こちらでは

・(Googleの)サーチコンソールの「インターナショナルターゲッティング」をパラオから変更できない(frドメインでもphドメインでも同じだ)
・.pwドメインで検索上位に立てないことはないがサイト次第だ

といったことが書かれています。

この hori.pw はまだ特に外部から被リンクを設けてすらいないのに翌日にはGoogle、Yahoo! Japan にはインデックスされていて、WordPress の Ping-o-Matic! への通知を外さなかったせいなのか、とりあえず、全然インデックスされないよ、ということはないと思われます。

実際に「インデックスされなかった」という記事は、2015年以前に書かれているように思います。可能性としてですが、2015年以前、.pwドメインをあまりクロールしていなかったのかもしれません。.pwは2013年までの数年間はセカンドレベルドメインの一般開放を中止していたのも影響しているかもしれません。ただ、これは2017年現在はあてはまらないように見受けられます。

インデックスされなかったという方の検証方法に疑問符がつくのが「同じ内容をpwとwsで」「アフィリエイトサイトを作った」とあるところです。これら自体が評価を下げることはないのですが、同じ内容ではどちらかがメインと判定されればもう一方はミラーと判定される可能性、アフィリエイトについてはどういうサイトを作ったかを想像すると減点対象になりうる要素が多いのではないかと推測します。

そもそもドメインの種別によって検索上位とするか否かを判定するメリットが誰にあるのか考えれば自ずと答えは出てきます。.pw だから評価を下げるという単純な評価を、少なくとも Google がやっているでしょうか。

ただし、Google の Search Console 上で「インターナショナル ターゲティング」で日本向けとできないことで、日本語での検索結果から下げる効果をもたらす可能性はありえます。これについては <link rel="alternate" hreflang="ja"><head> 内で指定することで改善できる可能性もあります(今日からやってみますが、そもそも他言語対応してないサイトでこれを指定するのも不誠実な気もしています。)

いずれにしても、サーチエンジンが上位に表示させるかどうかは様々な要素が絡み合ってることはご存知のとおりで、単に TLD が何かで判断しているというのは検索している側にとってあまり意味のないことと推測できます。

といっても .pw を積極的に使うメリットも、とりあえず安い以外あまりないかと思います。.tk とかであれば12ヶ月は無料だったりしますし、使いたいドメインを使えばいいのではないかと。ただ、とりあえず書いて放置し状況が変わったか確認せず公開し続ける、それを又聞きで記事おこし放置、という流れで日本語のサイトに(限らないのでしょうが)流言飛語が多くなってしまうのが、残念だなぁと思うところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です